鎌倉新書は、人と人とのつながりを感じる場面づくりの
お手伝いをすることで、豊かな社会づくりに貢献します。
サービス
  • 葬儀
  • お墓
  • 仏壇
  • 就活全般
  • 介護 看取り
  • 相続
  • 書籍
  • セミナー コンサルティング
一覧を見る

megumi

2015年新卒入社

北海道大学卒業

LE事業2部

お客様センター

どんな学生でしたか?ひとり暮らしがうれしくて

私は北海道の帯広生まれです。スポーツが大好きで中学はバスケット、高校はテニスをやっていました。大学進学のため初めて親元を離れ、札幌で生活することになりました。ひとり暮らしがとても嬉しかったです。有名なスープ・カレー屋さんでバイトをしながら、友だちや先輩と飲みに行ったり、とにかく楽しかったです。
いちばん好きな食事はお寿司で、とくにエンガワが好物です。光り物が苦手かな(笑)。学生時代は人見知りで、新しいコミュニティーに飛び込むことが苦手でしたが、電話の仕事をするようになって、少しづつ解消されてきたなと感じています。

鎌倉新書はどんな会社ですか?失敗をたたくのではなく挑戦を称える

就職活動は大学で学んだ経済学を活かしたいと思い、金融関係を中心にまわり大手病に陥っていました。
そんななかで鎌倉新書の面接を受けたのは、たまたま参加した説明会で「失敗をたたくのではなく、挑戦を称える」という社風に魅力を感じたからです。株式を上場し発展を続ける会社と、私も一緒に成長したいと思いました。成熟した大手の会社にはないスピード感があります。

megumi megumi

お仕事内容を教えて下さい刺激的で熱い現場

お客様センターに所属しており、お客様から葬儀の相談を受ける仕事をしています。入社当初は葬儀の「そ」の字も知らなかったですから大変でした(笑)。電話機の性能に受信可能と離席というのがあるのですが、最初のころは電話がこわくて離席を押しちゃいそうになりました(笑)。それが、今では指導も担当しています。日々お客様のニーズの変化を感じ取れ、生の声を集めることができる、とても刺激的な現場です。たまに気分が落ち込むこともありますが、明るい先輩たちがすぐに励ましてくれるので心強いです。

休日の過ごし方は?2択のバランス

休みの日は、友達と出かけるか、ひとりで映画を観るかの2択です。ふだん、電話でお顔が見えないお客様とやり取りをしていますので、無性に人に会いたくなるときがあります。逆に外出し過ぎたと感じた次の日はひとりで過ごす、そんなバランスを大切にしています。

toshiki
_haruka
megumi
kanji
yui
kentaro
manami
shun
kanoko
yoshiaki
maoko
keiichiro
keino
sadamasa
chinatsu
teppei
採用応募