鎌倉新書は、人と人とのつながりを感じる場面づくりの
お手伝いをすることで、豊かな社会づくりに貢献します。
サービス
  • 葬儀
  • お墓
  • 仏壇
  • 就活全般
  • 介護 看取り
  • 相続
  • 書籍
  • セミナー コンサルティング
一覧を見る

toshiki

2016年新卒入社

東京大学卒業

LE事業2部

法人営業

どんな学生でしたか?祖父の死が残したもの

僕は、男兄弟4人の長男で、少子化の日本では大きな家族になります。
両親が共働きをしていて家にいなかったこともあり、近所に住んでいた祖父母の家によく行って、勉強したり本を読んだりして過ごしていました。
当時、祖母はしっかりいたのですが祖父はパーキンソン病を患っていました。間もなくして祖父が他界しました。身近な人の死は、残された者たちに大きな影響を与えました。

文学や哲学に興味をもったのも、そのような経験があったからかもしれません。
高校生の頃はカフカやヘンミグウェイを愛読していました。信頼していた高校の先生の勧めもあって、大学では哲学を専攻し、卒論のテーマは「ニーチェ」を選びました。

お仕事内容を教えて下さい仕事は「よく聞く」ことから

鎌倉新書を選んだのは、今後の供養全体のあり方を提案できると感じたからです。
僕の仕事は、全国の葬儀社を探せる情報ポータルサイト「いい葬儀」を強化するため、新規提携先を見つける営業業務です。入社して間もないのですが、新潟、福岡、三重など、全国各地を飛び回っています。
色々な方にお話を伺っていると、それぞれの地域や会社、担当者によって葬儀に対する考え方が異なっていることに気づかされます。

また、営業をしていても、私たちのサービスをとても良く理解して頂ける場合もあれば、まったく関心を持って頂けないこともあります。時に難しさを感じることもあります。
しかし、相手の話を「よく聞くこと」により、興味を抱いてもらえる提案を思いつくこともあり、自分で工夫する楽しさを感じています。

toshiki toshiki

休日の過ごし方は?仏教や供養の本が増えています

忙しい毎日ですが、休みの日は集中して好きな本を読んだり、友人と食事に出かけたり、たまにはプールに行くこともあります。
自宅の本棚を、仕事に関連する仏教や供養に関する本が徐々に占めていってることが気になっています(笑)。
旅行が好きなので、たまにはあちこち旅してみたいです。

toshiki
_haruka
megumi
kanji
yui
kentaro
manami
shun
kanoko
yoshiaki
maoko
keiichiro
keino
sadamasa
chinatsu
teppei
採用応募