【保険】相続や老後資金でもう悩まない。 保険で賢く資金計画!50代以上の資金計画に特化した相談サイト『保険と相続』を開設。

2020/08/03

プレスリリース

当社は、2020年8月3日に50代以上の資金計画に特化した相談サイト「保険と相続」を開設いたしました。

■サイト開設の背景


2019年、金融庁が公表した金融審議会の市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」、いわゆる「老後資金2000万円問題」が世間的に大きく取り上げられました。報道の中には、誤解を招く内容も含まれていましたが、前述の報告書を機に、老後の資金計画や相続問題などに対し、前々から対策をする人が増えました。

当社には、従来の供養に関する相談の域をこえて、「相続税について不安を解消したい」「配偶者が亡くなったので保険の見直しをしたい」「老後の生活資金を整理したい」など、「終活×お金」の相談をいただくことが散見されています。

こうした状況をふまえ、「終活インフラ」を目指す鎌倉新書は、お客様の相続や老後資金に関するお悩みの解決と不安解消のため、本サイトの開設に至りました。


■サイトの概要と仕組み


本サイトは、主に50代以上が抱える「相続対策をしたい」「財産の遺し方を決めておきたい」「老後に備えて資産運用をしたい」などのお悩みに対して、保険や相続に詳しいファイナンシャルプランナー(FP)をご紹介するサイトです。

日本FP協会によると、FPの資格を持っている方は世の中に約18万人(2019年9月現在)いますが、老後の生活資金やもしもの備え、相続対策に強いFPは人数が限られます。

また、面談の中で相続手続きや不動産の売却、介護に関するお悩みが出てきた場合は、姉妹サイトである相続専門の士業をご紹介する「いい相続」や、「いい不動産」「いい介護」とも連携することで、お客様のお悩みを最後までワンストップでサポートします。(なお、FPとの面談はオンラインでも可能です。)


お客様相談窓口

0120-96-4826

(受付時間:9:30~18:00 年中無休)


■よくある相談内容


事例1:50代男性

・退職後の生活に不安を抱えており、資金面で問題がないかを確認したい。

・母親の相続財産も踏まえて、資産状況を整理したい。

事例2:50代女性

・現在は資金面に不安はないが、定年後は極力子どもに迷惑をかけたくないので、効率的な資産運用や財産の遺し方を教えてほしい。

・加入中の保険内容をきちんと把握して、見直しの必要があるかを確認したい。

事例3:60代男性

・現在も働いており資金に不安はないが、有事を想定して収益を生む運用を始めたい。

・両親、自分自身共に相続税がかかりそうなので今のうちに対策をしたい。


■サービス担当者の想い


日本では、お金の知識を教育課程で教わることはありません。知っている人が得をして、知らない人が損をする世の中です。正解はないからこそ、専門家から多様な事実と意見を聞く事で、安心に繋がります。「保険と相続」では、人生後半のお金やライフプランに関する悩みやお困り事について、保険や相続に詳しいファイナンシャルプランナー(FP)が丁寧にお話を聞き、最適な解決策をご提案させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。


◆取材・プレリリース・掲載に関するお問い合わせ


株式会社 鎌倉新書 広報担当
〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目14-1 兼松ビルディング3階

TEL:03-6262-7185 FAX:03-6262-3529
E-Mail:pr@kamakura-net.co.jp
問合せフォーム:https://forms.gle/NQw6v9KEWr5HJS677


【鎌倉新書について】

鎌倉新書は、葬儀・お墓・相続・介護・仏壇など終活関連のポータルサイトの運営や、オーダーメイドのお別れ会や社葬のプロデュース、終活関連の冊子・印刷物、専門誌等の出版を通じて、高齢者とそのご家族の課題解決に取り組み、豊かな社会づくりに貢献します。