鎌倉新書は、人と人とのつながりを感じる場面づくりの
お手伝いをすることで、豊かな社会づくりに貢献します。
サービス
  • 葬儀
  • お墓
  • 仏壇
  • 就活全般
  • 介護 看取り
  • 相続
  • 書籍
  • セミナー コンサルティング
一覧を見る

ニュース

プレスリリース 2019.01.10

【お墓参りの最新トレンド】<お墓参りついでにリゾートを満喫>お墓選びの新潮流は、家族団らん、癒しのひと時をお墓参りと併せて過ごす「リゾート葬」!

当社が運営する「いいお墓」において、お墓の新たなトレンド「リゾート葬特集」をスタートしたことをお知らせします。

核家族化や少子化の進行に伴って、お墓の在り方は「家から個へ」と変化し、お墓を持つ場所や選び方が多様化しています。当社が運営する「いいお墓」には、年間100,000件以上のお墓に関するお困りごとが寄せられていますが、お墓に関する希望や購入したい場所などのトレンドに変化が見られます。ここ数年「思い出の地にお墓を持ちたい」、「景色がきれいな霊園にしたい」など、遺された家族や友人がお墓参りついでに旅行や観光を楽しめるエリアにお墓を購入する方が急増しています。
そこで「いいお墓」では、お墓参りのついでにリゾートで観光やグルメ、旅行を満喫できるお墓を厳選し、2019年1月10日から「リゾート葬特集」をスタートしました。


▲いいお墓「リゾート葬」特集ページ:https://www.e-ohaka.com/resort/


◆「リゾート葬特集」開始の背景


昨今、お墓の承継が困難な方からの「墓じまい」や「お墓の引っ越し(改葬)」に関するご相談、「ペットと一緒にお墓に入りたい」、「思い出の地にお墓を持ちたい」といったご要望など、お墓のニーズは多様化しています。また、「お墓が遠方にある」、「忙しくて機会がない」などの理由からお墓参りをする機会が減少している方から「都内近郊にお墓を持ちたい」、「週末を利用して旅行気分でお墓参りにいきたい」といったご相談も急増しています。このようなご要望を実現するための新たなお墓の選択肢として「リゾート葬」の人気が高まっており、サービス開始に至りました。


◆人気が高まる「リゾート葬」


従来、お墓は家に紐づくものでしたが、核家族化、少子化の影響を受け、お墓は個人に紐づく傾向にあり、先祖代々のお墓の承継よりも、自分の好きな場所や思い出の地にお墓を持ちたいという方が増加しています。また、お墓参りは、「お彼岸」「ゴールデンウィーク」「お盆」「年末年始」といった行楽シーズンの連休を利用する方が多く、「休暇を過ごす場所にお墓を持つ」ことで、お墓参りのついでに、旅行やレジャーを楽しめることから、注目が集まっています。


◆「いいお墓」が厳選する「リゾート葬」


都会から少し離れて、素敵な景色や自然に囲まれながらゆったりと故人を偲んだり、小旅行を兼ねてお墓参りにでかけられる、お墓参りのついでにレジャーや観光を楽しめるなど、リゾート葬にはたくさんの魅力があります。「いいお墓 リゾート葬特集」では、「いいお墓」が厳選するリゾート葬を「温泉に入れる」、「南国気分」などカテゴリ別にご紹介しています。


▼いいお墓「リゾート葬」特集ページ:https://www.e-ohaka.com/resort/

◆「リゾート葬」を購入されたお客様の声


・東京都/70代女性(夫婦二人のお墓を購入)
夫婦の思い出の地でもある神奈川県三浦半島で、富士山と海を臨むロケーションのすばらしいお墓を紹介していただきました。ペットも一緒に入れるということで、夫婦とペットの終の棲家として購入しました。子供達がお墓参りを兼ねて、三浦半島に遊びに来てくれることで、時々思い出してもらい、家族のつながりが強まると嬉しいです。

・神奈川県/60代女性(自身のお墓を購入)
独り身にはお墓の問題は大きな心配ごとなので、早めにお墓を探しておきたく、「いいお墓」を利用しました。若いころよく登山に出掛けた奥多摩にお墓を持てたらと思い、お墓探しをしました。お墓を引き継いでくれる人が居ないので、飼っているペットと入れる永代供養墓を選びました。自然が豊かな奥多摩で大好きなペットと静かに眠れるお墓が見つかり安堵しています。

・静岡県/60代男性(配偶者のお墓を購入)
子どもや孫が東京に住んでいるため、都心からアクセスが良い場所で妻のお墓を探していました。お墓参りの時に孫たちと旅行を楽しみたいと思い、葉山を選びました。お墓とは思えないような整備された敷地と、隅々まで手入れの行き届いた景観がとても気にいっており、孫たちも張り切ってお墓参りに同行してくれます。


◆「リゾート葬」について
「いいお墓」では、人気のお墓を巡るバスツアーや見学会・相談会などを開催しています。リゾート葬の取材・問い合わせも承っております。お気軽にお問い合わせください。


◆取材・プレリリース・掲載に関するお問い合わせ


株式会社鎌倉新書 広報担当

東京都中央区八重洲1丁目6-6 八重洲センタービル7F
TEL:03-6262-7185 FAX:03-6262-3529
E-Mail:pr@kamakura-net.co.jp